Blue Tree Homepage
チーズ   

更新日:2009.01.09

私が食べて美味しかったなぁと思ったチーズを載せています。
燻製チーズ、癖たっぷりの腐いチーズは苦手ですので、そういうのは載せていません。
私はトロトロ系やカマンベールのようなタイプが好き♪
なので、一般的に食べやすいチーズばかりだと思います。

 


パチュラージュブリー フランス


《パチュラージュブリー/Paturages Brie》

下記にご紹介しているチーズは、ほぼ
池袋西武百貨店で購入していますが、
このチーズは、クリスマス前にラクーア(東京ドーム)
にあるスーパーマーケット 成城石井で購入。

成城石井は、輸入モノが充実しているので、
同じチーズでも百貨店で買うより安価。
パヴェ・ダフィノアも成城石井なら
百貨店のほぼ半額ほどで買えます。

バーゲン中だったせいもあり、このチーズ、かなり
安価でした。

安かったのでバクチ気分で購入しましたが、
すみません、なめてました。m(__)m

味もすっごく食べやすく、コクもあり、
よくできたチーズです!゜+.(・∀・).+゜.

ブリードモーよりコクがあり、
フロマージュモーにかなり近い味だと思います。
それなのに値段もフロマージュモーより、
うーーーんと安価な白カビタイプ。

へんな添加物も入っていない、
おいしいチーズです♪ ( ̄▽ ̄)vブイ 


原材料:生乳、食塩
原産国:フランス
製造者:株式会社 サン・ブリッジ
写真は、180gのもの。1/16

購入日:2008.12.23





ブリドモー フランス 白カビ

《ブリードモー / Brie De Meax》

チーズの王様と称される。
その歴史は古く、歴代の王、政治家、美食家に
愛されてきたチーズ。
香りや味は華やかで洗練されており、完成度が高い。
コクが増すのでやはり賞味期限直前がオススメです。

この下に書いた、フロマージュドモーより、
品がよくてまろやかです。
フロマージュモーとつい比べてしまうので、
もうちょっとコクがほしいかなーとも思いますが、
チーズの臭みが気にならず、すっごく食べやすいです。

添加物がないのと値段もフロマージューモーより安価。
なんにでも合わせられるチーズです。

丸のままよりはこの写真のように切ってある方が、
熟成度が加速するそうです。
温度や封を開くことによっても、熟成度は加速します。

原材料:生乳、食塩
原産国:フランス

購入日:2008.12




チェスコセレクション/フロマージュドモー
ナチュラルチーズ  白カビタイプ






《チェスコセレクション/フロマージュドモー》


熟成につれコクの増す白カビチーズ。
なので、完熟シールが貼られているモノを購入しましょう!

コクがあるのにしつこくなく、塩分もほどよい、
物凄くバランスのいいチーズです。

パンやスティックブレッドなどなんにでも合いますが、
そのままがっつり食べてしまえるおいしさがあります。
やばいチーズです。(=^▽^=)

写真は202gのもの。
原材料:生乳、食塩、アナトー色素。

気になる点は、アナトー色素。
アナトー色素は、天然の既存添加物。
黄橙着色料です。
変異原性や発がん性は認められていませんが、
やはり危険度ゼロではないようです。

せっかくおいしいのに、
なんで色づけしなきゃならないんですかね?
それに添加物が入っているくせに、他のチーズより
値段がダントツお高い!!!!(゜ω゜ノ)ノ

なぜ!? 黄色の発色がいい方が売れるとか、
添加物でコクとかでる?とかあるのかなぁ?
高くても買いたくなるほどの味なので、
添加物の入ってないものでこの味がほしい!


チェスコさんが、添加物無しのこの味を輸入して
くれるとうれしいなぁ。
ぜひお願いしたいところです‼ m(__)m


パヴェ・ダフィノア
フランス  白カビタイプ


《パヴェ・ダフィノア》


缶詰のフタをあけるように上部3方を切りあけて、
中を食べ、残った時はフタをもどすとよいです。

また、このチーズは特に賞味期限直前が
一番おいしいです。
熟成していると、中のチーズがとろりと長い糸を引き、
これがまたおいしいんです♪(人´∀`).☆.。.:*
熟成しないと糸を引きません。
糸を引くほど熟成している方が味の深みも増します。


中のチーズに癖はほとんどありません。
外側は一般的なカマンベールと同じような味です。
もちろん外もおいしく食べられます。

ワインにぴったり!
スティックブレッドに巻きつけながら食べるのが、
私は一番好きです。


ちなみに賞味期限前になると値段が下がるので、
そこを狙って買うといいですよ!

原材料:生乳 食塩
内容量:150g


《N.サンマルセランアフィネ》
サンマルスランアフィネとも。


内側はとろとろ(下記写真)。
全体にカマンベールに似た味がはっきりついています。

中を出すときに内側と外側が一体となって
やわらかな粒状の入ったとろみとなります。

味がはっきりしていてこくがあるので、しっかりした味の
ボルドーのような赤ワインが合うと思います。
クラッカーやスティックブレッドによく合います。






原料乳 : 生乳


《ブルサン アーユ/ハーブ&ガーリック》

非熟成タイプ。
フランスでは3分の1の家庭が冷蔵庫に常備している
と言われるほど人気のチーズです。

写真は、ガーリック&ハーブ。
クセのないクリームチーズに細かく刻んだハーブと
ニンニクが混ぜ込まれています。
ガーリックもハーブもまろやかで嫌味がなく、
食べ始めるととまらないぐらい、すごく食べやすくて
おいしいです。
チーズ嫌いでなければ、どなたでもおいしく食べられます。

バゲットやクラッカーなどを用意しておけば、
みんなでわいわいする時のおつまみに最適です。
ワインはもちろん、ビールや日本酒、ジュース、
なんにでも合います。


私は食べたことはありませんが、ガーリックのほかにも
ナチュレ、ペッパー、エシャロットなどがあります。



原材料:殺菌乳、クリーム
内容量:150g