2009.2.28 作成

平野屋公式HP

今回は、初めての寒い時期。そして、初めてぼたん鍋をいただきました。   









コタツです。
なごみますねー。







ついたてにも
風情あります。



1.お菓子

柚子の甘露煮





2.山菜

春の香りがします♪






3.コイのおさしみを
たっぷりと。
つくし、菜の花と。

4.鹿肉のしゃぶしゃぶ



5.ぼたん鍋

初めて食べます。
(〃∀〃;) ドキドキ♪
猪の赤身と真っ白な
脂身をじっくりと
煮込みます。







6.フナの煮付け

頭の方。
全部食べられます。



尾の方。





7.キンカンの甘露煮と
甘酢大根




野菜からまず
いただきます。





手前の赤い器の中身は、ゆずの絞り汁。

後ろはネギなど薬味。




だしぽんと大根おろし
がメイン。
ゆず、薬味は好みで。



手前の器は、
大根おろし。
たっぷりです。



薬味/ネギ、
ショウガ、もみじおろし。




お豆腐、生麩、
くずきり、お餅などが
次々に入ります。




8.最後は、白いご飯か
おじやを選びます。

うちは、おじやに
しました。



お腹いっぱいなのに、
おいしすぎます!
゜+.(・∀・).+゜.



9.お漬物





10.果物

イチゴ、キューウィ、
オレンジ



さて、今回、わたくし、初めてぼたん鍋を食しました!
猪をきちんとした形で食べたこと無かったんです。
ワクワク (〃∀〃;) ドキドキ ♪でした。


出だしのお菓子は冬だからか、いつもの「しんこ」ではなく、柚子の甘露煮。
さわやかな甘さに、まずほっこり♪ します。

突き出しの山菜のつくしは、ご近所で取って来られたばかり。
フキノトウは、四国のご親戚から毎年送付なんですって。
いつも思うのですが平野屋さんの山菜は、山菜独特の苦味えぐみがありません。
今回は特に春のさわやかさが薫りました。

平野屋さんの池にいる鯉のおさしみは、酢味噌でいただきました。
これも臭みはありません。さっぱりしたよい身です。


そのあとに、ご近所で取れる鹿肉のしゃぶしゃぶをいただきました。

作っていただきながら食べるのに必死♪(人´∀`).☆.。.:*になり、写真を撮り忘れました 。 (^-^;ゞ)
鹿肉は、一見、まぐろに見える、きめの細かな赤身。
大根おろしとだしぽんで赤身が少し残る状態でいただきます。癖もありません。


そして、メインのぼたん鍋。これもご近所の猟師さんから。
赤身部分もありますが、真っ白な脂身部分をメインに食べます。
けれど、猪の脂身は不思議と脂っこくありません。

一般的には、ぼたん鍋って味噌味で食べますよね。
猪の肉の臭みを消すためだと聞いたことがあります。

平野屋さんも30年前まではそうだったとのこと。

それが、30年前にお客様に、「肉を薄目に切り、だしで煮て食べるといいかも」と言われ、
やってみたらそれがまたおいしくて、それ以来、だしで煮て食べるようになったそうです。

だしで煮て食べるのは、平野屋さんだけらしいですよ ♪

鹿肉を食べた器に、たっぷりの大根と薬味(ネギ、ショウが、もみじおろし)を好みで入れます。


お肉以外も、大きめの小かぶが一人半個。

さといも、レンコン、白菜、しいたけ、菊菜、お豆腐(もちろん、森嘉さんの)、くずきり、生麩、お餅など、まだ全部書き入れないほどすごく種類も多く、量もたっぷりです。

猪の肉はよく煮る方がよく、また、煮ても食感は変わりません。

赤身のついていない真っ白な脂身部分もたくさん入りましたが、変な脂臭さもなく脂っこくもなく、ギトギトした脂が浮きません。


さて、鍋を待っている間に広沢の池で取れたフナの煮付けが出ました。
30センチほどもありそうな大きなフナは圧巻!

こんな大きなフナを食べたことなかったので驚きました。
それを半分づつ出してくださいました。
臭みなくほどよい甘さに煮てあり、ニコゴリがついているのもうれしかったです。

やさしい味は母の魚の煮付けの味を思い出させてくれました。ほんわかとした気分でした。


フナは最低2週間から1年、きれいな水で泥くささを抜き、7、8時間かけて煮付けるのだそうです。
それで体の骨も頭の骨も味がしみて、丸ごとやわらかく食べられるのですね。
骨は鮭缶に入っている骨の食感を思えばよいかな?

が、おかみさん……身が大きすぎます。!(@_@;)
おいしいので、ぱくぱく食べていると、ぼたん鍋が……お腹、苦しい (*´o`)=3 ふうっ でした。


さて、メインのぼたん鍋!!!
だし味なので、お肉も野菜も本来の味が直接味わえます。
煮ていくことで、うま味たっぷり。

最後の絞めは白いご飯かおじやを選べるのですが、鍋に色々な素材のすごくいいおだしが出ているので、おじやにしました。すでにお腹いっぱい、なのにおいしくてペロペロと入ってしまいました。


すべて作っていただき、お腹が苦しくなるほどいただきました。
その間、おかみさんとたくさんお話ができました。

これもいつも思うことなのですが、平野屋さんのおかみさんはやさしい気さくな方でお話していると楽しくて心がなごみます。ほんとうにすてきな方です。
そういったこともよいお店の条件なのでしょうね。


さて、4月10日から2週間ほどだけは、竹の子料理がいただけるそうです。

「期間が短いですねぇ」とお聞きしましたら、竹の子は旬が短いので一ヶ月間も竹の子が出せるお店は不思議らしいです。


実感としては、お鍋は二人では多かったですねぇ。
お昼の湯葉懐石が重く残っていたのも、敗因だと思います。

ちなみに湯葉懐石、けっこう腹持ちします。湯葉を油で揚げるお料理が多いせいでしょうね。
個人的には、湯葉料理よりは、湯豆腐がよいですね。
嵯峨野、嵐山あたりは、森嘉さんのお豆腐を使っているお店が多く、どこに入ってもおいしいですし、南禅寺の順正、清水寺近くの奥丹(おくたん)と場所によって、お豆腐の味や食感がそれぞれ違い、お豆腐めぐりだけで、あちこち行けてしまいます。
パック豆腐ですらが、おいしいです。

すみません、脱線しました。
ということで、平野屋さんに行く時は、お腹をすかせて行くべきだ!と今回強く反省しました。
自分たちのお腹の加減ができてなかっただけで、今回もどれも抜群においしかったです!!!

ごちそうさまでした!!!: *:・( ̄∀ ̄)・:*: また伺いますんで、変わらずにいてくださいね♪


   
 おいしかったーーーーー♪ 

                        2009年9月の平野屋へ