池波正太郎さんのご本に頻繁に出てくる 
 並木藪蕎麦です。

 日曜日だったので混んでいることを考え、
 15時ごろに伺いました。

 それでも15分ほど待ちました。
 途切れず並ぶお客さんにさすが有名店。

 お店は古いですが、きれいなビルに
 はさまれていて、 ここだけ空気感が 
 違うように思いました。

並木薮蕎麦(なみきやぶそば)

東京都台東区雷門2-11-9
電話:03-.3841-1340
11:00〜19:30
ランチ営業、日曜営業
定休日:木曜日

 



 2012.05.05 並木藪蕎麦2 新店舗はこちら→



 

 

 




150メートルほど先に浅草雷門が見えます。


お店の中はまつやさんほどではないですが狭いです。

座ったとたんに、即注文を聞きにこられました。

当然のようにメニューが出てきません。
(頼めば出てくるのでしょうか?
そんな雰囲気でもなかったですが……)

「天ざるそばが、天ぷらとざるのお蕎麦のことですか?」と聞きましたが、ものすごくそっけない返事。

知っていて当然でしょう……という姿勢にちょっとびくびくしてしまいました。気ぃ、弱いです。(^-^;ゞ

壁にある唯一のメニューを必死で見て、天ざるそば 1,700円と追加のおそばを一枚頼みました。

注文すると再確認なく、お店の奥にすぐ注文を言われてしまいます。
滑舌が悪いのか私の耳が悪いのか、目の前で叫ぶ注文が何を言われているのかはっきりわかりません。

注文時には心をしっかりして、何を頼むかきちんと頭でまとめてから頼んだほうが無難です。


 

メニューです。蕎麦もこれしかありません。やはり覚えてた方がよさそうかも……。

 


期待の天ざるそばです。

蕎麦のもり加減は他店の薮蕎麦より大目です。

また他店と違い、むきえびが天ぷらになって4つついています。

ししとうもきれいに揚がってます。

衣はさくさくして、他店同様おいしいです。




初めから出てくる蕎麦湯。

神田藪蕎麦と同じく、急須に入ってます。




しかし……。ごめんなさい。蕎麦がだめです。いけてません。(ToT)

私のだけですか?

冷水できちんとしめるはずの蕎麦に、なまぬるい所と冷たい所が……。

おまけに絶対のびてます。

蕎麦自体の味はおいしいと思いますが、食感と冷たい感が、最悪!!!(-_-;) まずい

なんですか? 弟子が作ったんですか?

それとも作り置きしてあるんですか?

東京一、辛いと言われるつゆも他店のつゆを少し濃くした程度の味。

それもつゆに深みがありません。

「なんですか、これ? ほんとにここ、おいしいんですか?」と叫んでしまいそうでした。



   
天ざるそばを食べ終わったところで、追加のそば登場!

って、これ、前の人が「ものすごく少ない!」と言いながら食べている、「ざるそば 700円」じゃないですかっ!(゜ω゜ノ)ノ

それって追加のそばが無いってこととちゃいますのん?


すでに蕎麦湯まで呑みほし、それなりにお腹のすきがおさまった所でやってきたざるそば。

まいったなぁと思いながら食べると……、なんですか? これ?

さっきのとはまったく別モノのお蕎麦じゃないですか!


つゆも、濃い、辛い、コクもある。おいし。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

蕎麦、きゅとしまって冷たく、さっきの蕎麦とは天と地ほどの差が……。(;^_^A あっれぇ?

しかし……これってどうなんですか?

ざるそばだけ別格においしいんですかね?

確実に次回もざるそばはこの状態で出てくるんですかね?

それともゆるい蕎麦かどうかはその日次第なんですかね?

なんかそれって博打のよう。

口コミで評価がものすごくわかれるのも出される蕎麦のでき具合のせいなんでしょうね。

うーーーん・・・( ̄  ̄;)




お忙しいのはわかりますが、ごめんなさい。

賭け事はしない主義なんで、よほどのことがないかぎりもう伺わないと思います。

ごちそうさまでした。


   


浅草寺の桜、きれいでした。

さて、お腹は満ちましたが、喉が渇きました。

せっかく浅草まで来たので、この際、主人と池波さんのお店めぐりをして帰りたいと思います。

ってことで、今度は喫茶店、アンヂェラスへ!

Σd(ゝ∀・)! レッツゴー!(古い) (^-^;ゞ


   



 アンヂェラスへ →











2010.04.10 撮影
2010.04.21 作成

並木藪蕎麦