万惣フルーツパーラー

住所:東京都千代田区神田須田町1-16 万惣2階

пF03-3254-3711


定休日:日・祝・第3土曜日
平日:11:00〜22:00
土曜:11:00〜22:00



「万惣」のホットケーキは大のお気に入りだった。

「池波正太郎の食卓」P134〜141より




注意! ここでコメントしている万惣というお店は閉店し、今はありません。



2013年、赤坂に「ホットケーキパーラー Fru-Full(フルフル)」ができました、

東京都港区赤坂2-17-52 パラッツォ赤坂1F   電話:03-3583-2425
平日 11:00-19:30(L.O)   土日・祝日 11:00-18:00(L.O) 日曜営業
定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合、翌火曜日)

万惣でホットケーキを焼いていた職人さんたちのホットケーキパーラー。万惣の味が食べられるそうです。




↓ここから下は、万惣に行った時の感想です。 

思っていたより大きなビルが見えてきました。

蕎麦のまつやさんから、万惣のビルが見えるほど近いです。

 

フルーツパーラーへの入り口。ここから、2階に上がります。

私たちはホットケーキが目当てでしたので、2階のフルーツパーラーに入りました。


レストラン利用の方は、5階のようです。

レストランでは、みなさん新名物のオムライスをいただいていらっしゃる方が多かったようです。

今度はぜひオムライスをいただいてみたいです。


家族で行ったので、季節のパフェ(ピーチパフェ)も頼んでみました。


やわらかく上品な甘さの桃が上にどかっと乗っています。

中にも細かく切った桃がたっぷり入っていました。

全体のバランスがとてもよかったです。


フルーツホットケーキです。


ついているホイップの中に果物がたっぷりと入っています。

こちらには、カスタードソースがついていました。

こってりして見えますがフルーツが入っているおかげで、さっぱりといただけます。

行かれた方のコメントに、「カスタードソースを黒蜜にも変えてもらえる」とありました。


うちは家族で行ったので両方の味を楽しめました。

両方とも違った味わいなので、どちらも捨てがたいです。

お友達や家族と行けるのなら、二つ頼んでわけっこして食べるのがベストですね。


ホットケーキです。

70年焼き続けているというだけあって、大きくも無く、小さくも無いほどよい大きさです。


バターがつけ放題に思えるほどたっぷりついてきました。

ホットケーキのシロップは、黒蜜です。

まず、何もつけずにそのままでひとくち。

かりっとしてて、とてもおいしーーーい♪です。

次にバターをつけてひとくち。

うーーーん♪ これもまたおいしーーーい!!!

かりっとした食感にバターがほんのり香って、最高!です。


次に黒蜜をたらしてひとくち。

あんみつについてくる黒蜜をイメージしていたのですが、ぜんぜん違いました。

メープルシロップを思わせるようなさっぱりとした甘さです。

私はバターも黒蜜もたっぷりあり、半分近く黒蜜も残りました。

しかし、黒蜜がさっぱりしているので、甘党の方は黒蜜を全部使うかもしれません。

自分の甘味に合わせてひとくちづつ黒蜜をかけて食べるのがいいと思います。

私としては、ホットケーキそのものを味わうなら、バターだけでもいいぐらいに思えました。


ここのホットケーキはかりっとしていて甘味もほどよく、ひとくち食べれば後をひきます。

今回は三種類食べたので、それぞれの味わいを楽しんでいるうちにあっという間にお皿がからっぽになっていました。

おいしかったです♪ ごちそうさまーー♪