2006.12.01 更新
2014.12.19 更新

油の種類を問わず、安心安全な油を購入する際の目安は、


1.  製造に際して一切の添加物、化学材料を使用していない未精油であること。

2.  原材料が有機栽培(無農薬)であること。

3.  光りと酸素を遮断した低温圧搾法によりつくられること。

  販売時から黒い容器(せめて暗めの遮光瓶)に入っていて、光を通さないこと。





日本の油では、安心安全な油を購入する際の目安とした項目すべてに合格できる油は、

現状では見つけられませんでした。

下記の油屋さんはご参考にどうぞ。2014.11追記 (掲載順不同)





● 有限会社 鹿北製油(かほくせいゆ) http://www.kahokuseiyu.co.jp/docs/index.htm

〒899-6207 鹿児島県姶良郡湧水町米永3122-1  電話:0995-74-1755 

年中無休/営業時間:月曜日〜土曜日  午前8時〜午後5時/日、祝のみ  午前9時〜午後4時

       ※月曜日から土曜日は工場・農場見学可能 。日曜は直売店のみの営業。

        (カーナビに登録する際の 電話::0995-74-2704)


原材料:国産・農薬・化学肥料不使用栽培 

HPには、それぞれの商品に対して、使用した原料のごま、なたねなどの産地が記載。

なたね油などは、遮光瓶に入っている。

商品:なたね油、ごま油、椿油、えごま油、かやの実油など多数

 
国産(鹿児島産)白ごま油 100g

商品は低温でまき火焙煎。搾り機の圧力を下げることで、搾り機の中で摩擦熱がこもりにくい。

搾り機で絞った原油に化学的な薬剤(苛性ソーダ、シュウサン)を使わず、漂白剤もなし。

手漉き和紙でろ過を2回。商品に苛性ソーダ、シュウサンを使用しないので酸化しにくい。


  
生搾り 国産白ごま油 100g (胡麻油で遮光瓶使用)

農薬・化学肥料不使用にて栽培した鹿児島県喜界島産の白ごまを、焙煎せず生のまま圧搾法で搾り、

3日間静置沈殿した上澄みだけを手すき和紙でろ過しただけの油。

生搾り国産白ごま油は、そのままドレッシングやオイルマッサージなどにも使える。
高価。






● 山口ごま本舗 http://www.gomahonpo.jp/

有限会社クレアツーワン 山口県山口市小郡下郷3380-1  電話 083-974-2850


原材料:国産

商品:ごま、ごま油、えごま油、ドレッシングなど


黒ごま油は、厳選したごまを使用して搾ったごま油の上澄みだけを専用ろ過紙で仕上げ、

独自開発の焙煎機、圧搾機で搾り、薬品・熱処理を行わない。


黒ごま油はポリフェノールが多く、ドレッシング類には酸化防止剤の代わりとして使用。

なので、山口ごま本舗さんのドレッシング類は添加物無し。


 純粋 黒ごま油 180g







● 九鬼太白純性胡麻油 (九鬼産業株式会社) http://www.kuki-info.co.jp/

本社:三重県四日市市尾上町11番地  電話:059-350-8615 (営業時間:平日9 時〜17 時)

工場:本社工場(三重四日市市)、竹成工場(三重県 三重郡 菰野町)、マニュアー工場


原材料:
国内は長崎県や茨城県などの農家、国外はグアテマラやニカラグア。

(九鬼フェアトレードいりごまと九鬼芳醇胡麻油は、海外の生産者とのフェアトレードや契約栽培)


商品:ごま、胡麻油など


太白胡麻油は、ごまを煎らずに低温圧搾法で搾っている。

一般的な焙煎ごま油のような色や香りはない。色々な料理に使える。


◆その他のごま油製品は、それぞれの製品に合わせて、焙煎方法などが違う。


九鬼太白純正胡麻油








● マルホン太白胡麻油(竹本油脂)  http://www.gomaabura.jp/

本社 〒443-8611 愛知県蒲郡市港町2-5 電話:0533-68-2111(代) フリーダイヤル:0120-77-1150

本部・工場: 愛知県蒲郡市浜町11番地 TEL 0533-68-2116(代表)


原材料:アフリカではスーダン、タンザニア、モザンビーク、ナイジェリア、

東南アジアではミャンマー、中・南米ではパラグアイ、ボリビア、メキシコといった国々で、

これらのほとんどの国から、ごま油の原料となるごまを輸入。

商品:ごま、胡麻油など


太白胡麻油は、ごまを煎らずに生のまま搾っている。

独特の色と香りがない。香りを気にせず、いろいろな料理に使える。

◆太香胡麻油、純性胡麻油などは、色に合わせて焙煎方法が違う。淡(極々軽く炒る)→濃(強く炒る)


太白(たいはく)胡麻油150g


保湿用コスメとしてTCピュアオイルがあります。

http://www.takemoto-cosmetics.co.jp/index.html






◆最近はココナッツオイルブームです


髪や肌へのケア効果もあると言われ、キュアリングも不要。

紫外線の予防効果、アトピー改善、歯周病・メタボを予防、ダイエット効果など、ものすごくもてはやされています。


それを知ったきっかけは、「太白胡麻油を100度まで熱して(キュアリング)、それを冷ました物を

遮光瓶に入れて使えば、色々な効果があって、すごくいいよ」と聞いたからです。

けれど、私はキュアリングなどという邪魔くさいことをできる人間ではなく……。(-"-)

もっと簡単な方法を調べるうちに、ココナッツオイルが流行っていることを知りました。


後日、ごま油のキュアリングをわけてもらいました。

塗ればすぐに肌に染み込むと言われましたが、油はわたしは肌の上でずっとギトギトしたままでした。

ココナッツオイルも同じ使用感です。結局、どちらの油も良いかどうかわかりませんでした。


キュアリングした太白胡麻油をすすめる声がブログなどに多く書かれていますが、

食べる油を調べている側から見ると不思議な話ばかりです。

広まっている民間療法なので効く方も多くいるのでしょう。

けれど、何かおかしいと思われたら、すぐにおやめになる方が賢明かと思います。




トランス脂肪酸や劣化した油を直接、肌に塗った場合の統計は見当たりませんでした。

安い化粧品に含まれる油のトランス脂肪酸は、いくらかは体に吸収されるようです。


CTC LANKA  ←低温圧搾法によるセサミオイル。